レポと言うほどでもない欧州サッカーマッチレポ

備忘録的に。バルサ中心に感染した試合のレポです。

かわいそうなコンパニーとアグエロと ー17-18 プレミアリーグ 第20節 ニューカッスルV.S.マンチェスターシティー

2017-18  ニューカッスルvsマンチェスターシティ

 

プレミアリーグ17連勝中のシティ。どこが止めるのかというのがもっぱらの話題になっているらしい。シルバが不在の間にワンチャンゲットできるかニューカッスル

ニューカッスルベニテスのチームらしい。4連敗から脱して波に乗りたいところとのとこ。かつてオーウェンがいたことを記憶しているものの、現在知ってる選手はほぼいない。ワントップのジョゼルという選手がいいらしい。残留争いをがんばっている。

 

f:id:kota_5go:20180107013240p:plain

 

■不運なシティとドン引きなニューカッスル

シティは最初の10分まではフェルナンジーニョオタメンディコンパニーでうまくビルドアップができていた。怪我のアクシデントでコンパニージェズス。めちゃくちゃいい選手なんだけど不運なコンパニー。ストーンズも離脱したこともありCB陣に不運が続くシティ。フェルナンジーニョCBに。

f:id:kota_5go:20180107014244p:plain

 

ここからの形は面白かった。4-1-3-2のような形で1にはギュンドアン、たまにデ・ブライネ。3は残りとスターリング、ベルナウド・シウバ。2アグエロ、ジェズス。中でもアグエロが特殊な役割。

3のうち両サイドの役割は横幅の確保。真ん中の1はボールを引き出す。恐らくはフェルナンジーニョの代わりのアンカー(デ・ブライネorギュンドガン)の負担を軽減するためか。試合はほとんどシティペースだったこともあり、ボールはうまく循環していく。

 

f:id:kota_5go:20180107015411p:plain

アグエロはディフェンスラインとの駆け引きだけでなく、頻繁に降りて来てボールを引き出したり、サイドに張ったりと多彩な動きを見せ、4-1-3-24-1-2-3を行ったり来たりするような形になる。その結果右はかなり流動的な攻撃になる。だが、ベルナウド・シウバの気が利かず停滞気味。フィニッシュまで持っていくのは、デ・ブライネ→スターリングの左からの崩しが目立つようになる。

 

ニューカッスル5-4-1でドン引きを選択。ただ、サイドでのマークの受け渡しが甘く、スターリングの飛び出しからチャンスをつくられるようになる。

スターリングは前半動きが悪く、左サイドを停滞させ気味だったものの、デ・ブライネのパスに飛び出して、1点取ってからは非常にいい動きを見せていた。ドリブルでの突破も頻繁に見られるようになる。アイソレーションからの1on1はサネに分があるが、飛び出しはそこはやはりスターリング。シルバ不在の中、右サイドで攻撃を作れない 左サイドのアイソレーションがしにくい状況では左はスターリングの方が向いているのかもしれない。

 

前半はそのまま0-1で終了。何度も惜しいシーンがあっただけにアグエロは悔しかっただろう。逆にジェズスはがんばれという感じ。

 

後半は前から来るようになったニューカッスル得点の匂いも前半と比べればするようになってくる。ここでダニーロがうまくカウンターストッパーとして機能していた。シティに来てからとてつもなくいい選手になったダニーロ後半から出てきたゲイルのワンチャンにもうまく対応していた。

 

シティは76分にアグエロマンガラ。アグエロは残念。フェルナンジーニョが前に出て4-1-2-3に変形。後半になってもギュンドアンはよく走る。悪人顔ながら献身的なギュンドアン82分にベルナウド・シウバサネ。そのままいつもの形に変形。お互いいくつかいい形をつくるもそのまま終了。ニューカッスルの左の崩しがよかった。

 

■所感

あそこまでドン引きされるとシルバなしだと難しいのかもしれないアグエロの役割過多が目立った。ギュンドアンはボールを持つと上手いのだけど、シルバのような気の利いた動きは難しい。とてもいい選手なのだけど。だからアグエロとデ・ブライネがあまり活きない。その意味ではアンカーフェルナンジーニョが使えなかったのも難しかったか。スターリングは非常によかった。

 

今季のシティの試合をここまで腰を据えてフルで見るのは初だったが、一段とグアルディオラのチームになっていた。ボール保持&奪取への偏執的なまでのこだわり。さらに、これまでのバルサバイエルンのDF陣と比較して、プレミア産の強靭なCBを得たことからカウンターのリスクとボール保持のメリットが非常にいい塩梅になっている。そしてそのいい塩梅の意味でもアンカーフェルナンジーニョが際立つ。デ・ブライネ、シルバが安心して攻撃に集中できるのも後ろのリスクマネジメントとビルドアップがしっかり機能してこそだと改めて感じた。